COLUMN

2019年5月3日(金)〜5月5日(日)に山口情報芸術センターで行われた「YCAMスポーツハッカソン2019」と「未来の山口の運動会」(最終日のみ)に弊社の新入社員2名が参加しました。

 

「YCAMスポーツハッカソン」「未来の山口の運動会」に参加してきました。【前編】はコチラ>>

 

「YCAMスポーツハッカソン」「未来の山口の運動会」とは?

「YCAMスポーツハッカソン」とは、メディア・テクノロジーを駆使して新しいスポーツのアイデアを実現する、3日間のスポーツクリエーション合宿です。「未来の山口の運動会」は、このスポーツハッカソンで生み出されたスポーツを体験する運動会形式のイベントです。当イベントは今年で4回目を迎えました。弊社は1回目から開催の協力をしております。

 

※「ハッカソン」とは

ソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、ユーザインタフェース設計者、プロジェクトマネージャらが集中的に作業をするソフトウェア関連プロジェクトのイベントである。(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

 

「未来の山口の運動会」スタート!


↑選手入場!DJありがとうさんのBGMで意気揚々と行進

 

「未来の山口の運動会」が始まりました。「YCAMスポーツハッカソン2019」の参加者にとっては最終日。老若男女問わず約260名が集まり、2日間のハッカソンで作った運動会の本番です。本番に行われた競技をピックアップして紹介していきます。

 

①モーションキャプチャで「令和」を書く、書き初めボール。

 


↑ボールを上下に動かすと、線の太さも変わります。床のお手本をなぞりながら慎重にボールをパスしていきます

 

『「YCAMスポーツハッカソン」「未来の山口の運動会」に参加してきました。【前編】』でも制作の様子をお届けした「書き初めボール」が第一種目。

 

↑最後に皆で寝っ転がって記念撮影「令」!

 

②子どもたちの想像力が侮れない!みんなで作ろうスクラッチ

 

↑マル秘の下にある絵を当てます

 

この競技では、マル秘の下に隠れているイラストをボールでスクラッチ、相手チームはスクラッチをマル秘に戻すお邪魔もできます。しかし、ここで子供達の想像力がディベロップレイヤーの上を行き、わずか数秒で答える子どもたちが続出。子どもたちの想像力、侮れません。

 

③球を入れろ!球を追い出せ!ブロワイ玉入れ

 

↑競技参加者たちだけでなく、後ろで応援する参加者たちも熱狂。

 

カゴにボールを入れていくのは通常の玉入れと同じです。ただし、ここで、カゴの中に入ったボールをブロワーで吹き飛ばすというおジャマができるのがいつもと違うところ。ブロワーで狙われていないカゴに球を投げ入れるのがコツです。

 

④今日はこどもの日。こいのぼりレー

↑ラスト走者が中間地点でパフォーマンス中

 

こいのぼりレーは、竿にくくりつけたこいのぼりをバトンにしてリレーをします。「未来の山口の運動会」で一番シンプルな競技かもしれません。最初は小さいこいのぼりから始まり、ラストの走者は一番大きなこいのぼりをはためかせながらゴールを目指します。

 

運動会は作るのも、参加するのも面白い!

今回弊社から参加した新入社員二人も、初めての競技作りに苦戦しつつも、最終日に自分たちが考えた競技を楽しむ運動会参加者の姿を見て、運動会のさらなる可能性を感じました。

運動会屋ではスポーツハッカソンのご協力以外にも、自由で、独創的な競技をゼロから生み出す「NeoUNDOKAI」を行なっています。興味のある方はぜひこちらもご参加ください!

 

関連リンク

一般社団法人運動会協会 http://www.undokai.or.jp/
山口情報芸術センター https://www.ycam.jp/